他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SPI_cursor_open_with_paramlist

名前

SPI_cursor_open_with_paramlist -- パラメータを使ってカーソルを設定する

概要

Portal SPI_cursor_open_with_paramlist(const char *name,
                                      SPIPlanPtr plan,
                                      ParamListInfo params,
                                      bool read_only)

説明

SPI_cursor_open_with_paramlistSPI_prepareで準備された文を実行するカーソル(内部的にはポータル)を設定します。 この関数はSPI_cursor_openと同じですが、問い合わせに渡されるパラメータ値に関する情報が別途存在することが異なります。 ParamListInfo表現は、すでに利用可能な形式で値を渡すために便利です。 またParamListInfoで指定されたフック関数経由での動的なパラメータ群の使用をサポートします。

渡されるパラメータデータはカーソルのポータルにコピーされます。 そのため、カーソルが存在している間にそのデータを解放することができます。

引数

const char * name

ポータルの名前、あるいはシステムに名前を決定させる場合はNULL

SPIPlanPtr plan

SPI_prepareで返される)準備済み文

ParamListInfo params

パラメータの型と値からなるデータ構造。 なければヌル。

bool read_only

読み取りのみの実行の場合true

戻り値

カーソルを含むポータルへのポインタ。 戻り値の規約にはエラーを表すものがないことに注意してください。 エラーはすべてelog経由で報告されます。