他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SPI_keepplan

名前

SPI_keepplan -- 準備済み文を保持する

概要

int SPI_keepplan(SPIPlanPtr plan)

説明

SPI_keepplanは渡された(SPI_prepareで準備された)文をSPI_finishとトランザクションマネージャで解放されないメモリ内に保存します。 これは、現在のセッションにおける、その後のプロシージャの呼び出しで準備済み文を再利用できる機能を提供します。

引数

SPIPlanPtr plan

保存する準備済み文

戻り値

成功時は0。 planNULLまたは無効な場合はSPI_ERROR_ARGUMENT

注意

渡された文はポインタの調整により永続的記憶領域に再配置されます(データコピーは不要です)。 後ほど削除したければ、SPI_freeplanを実行してください。