他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SPI_prepare_params

名前

SPI_prepare_params -- 文を準備する。まだ実行は行わない

概要

SPIPlanPtr SPI_prepare_params(const char * command,
                              ParserSetupHook parserSetup,
                              void * parserSetupArg,
                              int cursorOptions)

説明

SPI_prepare_paramsは指定したコマンドの準備済み文を作成し返します。 しかしそのコマンドを実行しません。 この関数はSPI_prepare_cursorと同じですが、呼び出し元が外部パラメータ参照の解析を制御するパーサフック関数を指定できる点が追加されています。

引数

const char * command

コマンド文字列

ParserSetupHook parserSetup

パーサフック設定関数

void * parserSetupArg

parserSetupに渡される引数

int cursorOptions

カーソルオプションの整数ビットマスク。 ゼロはデフォルトの動作を引き起こします

戻り値

SPI_prepare_paramsSPI_prepareと同じ戻り値の規則を持ちます。