他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP USER MAPPING

名前

DROP USER MAPPING -- 外部サーバ用のユーザマップを削除します。

概要

DROP USER MAPPING [ IF EXISTS ] FOR { user_name | USER | CURRENT_USER | PUBLIC } SERVER server_name

説明

DROP USER MAPPINGは既存のユーザマップを外部サーバから削除します。

外部サーバの所有者は任意のユーザに対するそのサーバ向けのユーザマップを削除することができます。 また、サーバ上でUSAGE権限がユーザに付与されていた場合、ユーザは自身の持つユーザ名に対応するユーザマップを削除することができます。

パラメータ

IF EXISTS

ユーザマップが存在しない場合にエラーを発生しません。 この場合警告が発行されます。

user_name

対応付けされるユーザ名です。 CURRENT_USERUSERは現在のユーザの名前に一致します。 PUBLICは、システム上の現在および将来のユーザ名すべてに一致させるために使用します。

server_name

ユーザマップのサーバ名です。

存在する場合、サーバfooからユーザマップbobを削除します。

DROP USER MAPPING IF EXISTS FOR bob SERVER foo;

互換性

DROP USER MAPPINGはISO/IEC 9075-9 (SQL/MED)に従います。 IF EXISTS句はPostgreSQLの拡張です。

関連項目

CREATE USER MAPPING, ALTER USER MAPPING