他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

12.8. テキスト検索のテストとデバッグ

カスタムテキスト検索設定の挙動は複雑になりがちで、結果として混乱を招くことになります。この章では、テキスト検索オブジェクトのテストの際に役に立つ関数を説明します。設定が完全かどうか、パーサと辞書を別々にテストすることなどが可能です。

12.8.1. 設定のテスト

ts_debug関数により、テキスト検索設定の容易なテストができます。

ts_debug([ config regconfig, ] document text,
         OUT alias text,
         OUT description text,
         OUT token text,
         OUT dictionaries regdictionary[],
         OUT dictionary regdictionary,
         OUT lexemes text[])
         returns setof record

ts_debugは、パーサが生成し、設定された辞書が処理したdocumentのすべてのトークンの情報を表示します。その際、configで指定した設定が使われます。引数が省略されるとdefault_text_search_configが使われます。

ts_debugは、パーサが認識したテキスト中のトークンを1行 につき一つ返します。返却される列は以下です。

簡単な例を示します。

SELECT * FROM ts_debug('english','a fat  cat sat on a mat - it ate a fat rats');
   alias   |   description   | token |  dictionaries  |  dictionary  | lexemes 
-----------+-----------------+-------+----------------+--------------+---------
 asciiword | Word, all ASCII | a     | {english_stem} | english_stem | {}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | fat   | {english_stem} | english_stem | {fat}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | cat   | {english_stem} | english_stem | {cat}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | sat   | {english_stem} | english_stem | {sat}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | on    | {english_stem} | english_stem | {}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | a     | {english_stem} | english_stem | {}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | mat   | {english_stem} | english_stem | {mat}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 blank     | Space symbols   | -     | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | it    | {english_stem} | english_stem | {}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | ate   | {english_stem} | english_stem | {ate}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | a     | {english_stem} | english_stem | {}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | fat   | {english_stem} | english_stem | {fat}
 blank     | Space symbols   |       | {}             |              | 
 asciiword | Word, all ASCII | rats  | {english_stem} | english_stem | {rat}

もう少し高度なデモをお見せするために、まず英語用のpublic.english設定と、Ispell辞書を作ります。

CREATE TEXT SEARCH CONFIGURATION public.english ( COPY = pg_catalog.english );

CREATE TEXT SEARCH DICTIONARY english_ispell (
    TEMPLATE = ispell,
    DictFile = english,
    AffFile = english,
    StopWords = english
);

ALTER TEXT SEARCH CONFIGURATION public.english
   ALTER MAPPING FOR asciiword WITH english_ispell, english_stem;
SELECT * FROM ts_debug('public.english','The Brightest supernovaes');
   alias   |   description   |    token    |         dictionaries          |   dictionary   |   lexemes   
-----------+-----------------+-------------+-------------------------------+----------------+-------------
 asciiword | Word, all ASCII | The         | {english_ispell,english_stem} | english_ispell | {}
 blank     | Space symbols   |             | {}                            |                | 
 asciiword | Word, all ASCII | Brightest   | {english_ispell,english_stem} | english_ispell | {bright}
 blank     | Space symbols   |             | {}                            |                | 
 asciiword | Word, all ASCII | supernovaes | {english_ispell,english_stem} | english_stem   | {supernova}

この例では、単語Brightestは、ASCII word (エイリアスはasciiword)として認識されています。このトークン型のための辞書リストはenglish_ispellenglish_stemです。この単語はenglish_ispellに認識され、名詞brightへと縮退されています。単語supernovaesenglish_ispell辞書には認識されず、次の辞書に渡され、幸い認識されました(実際には、english_stemはSnowball辞書で、何でも認識します。それで、この辞書は辞書リストの最後に置かれているわけです)。

単語Theは、english_ispell辞書によってストップワード(項12.6.1)として認識されており、インデックス付けされません。空白も捨てられます。この設定では空白に関する辞書が提供されていないからです。

明示的に見たい列を指定することにより、出力の幅を減らすことができます。

SELECT alias, token, dictionary, lexemes
FROM ts_debug('public.english','The Brightest supernovaes');
   alias   |    token    |   dictionary   |   lexemes   
-----------+-------------+----------------+-------------
 asciiword | The         | english_ispell | {}
 blank     |             |                | 
 asciiword | Brightest   | english_ispell | {bright}
 blank     |             |                | 
 asciiword | supernovaes | english_stem   | {supernova}

12.8.2. パーサのテスト

次にあげた関数により、テキスト検索パーサを直接テストすることができます。

ts_parse(parser_name text, document text,
         OUT tokid integer, OUT token text) returns setof record
ts_parse(parser_oid oid, document text,
         OUT tokid integer, OUT token text) returns setof record

ts_parseは与えられたdocumentをパースし、パーサが生成したトークンを1行に1個もつ一連のレコードを返します。それぞれのレコードには、割り当てられたトークン型を示すtokidと、テキストのトークンであるtokenが含まれます。 例を示します。

SELECT * FROM ts_parse('default', '123 - a number');
 tokid | token
-------+--------
    22 | 123
    12 |
    12 | -
     1 | a
    12 |
     1 | number

ts_token_type(parser_name text, OUT tokid integer,
              OUT alias text, OUT description text) returns setof record
ts_token_type(parser_oid oid, OUT tokid integer,
              OUT alias text, OUT description text) returns setof record

ts_token_typeは、指定したパーサが認識できるトークン型を記述したテーブルを返します。各々のトークン型に対し、パーサがトークン型をラベル付けするのに使用する整数tokid、設定コマンド中のトークンの名前であるalias、簡単な説明であるdescriptionが含まれます。 例を示します。

SELECT * FROM ts_token_type('default');
 tokid |      alias      |               description                
-------+-----------------+------------------------------------------
     1 | asciiword       | Word, all ASCII
     2 | word            | Word, all letters
     3 | numword         | Word, letters and digits
     4 | email           | Email address
     5 | url             | URL
     6 | host            | Host
     7 | sfloat          | Scientific notation
     8 | version         | Version number
     9 | hword_numpart   | Hyphenated word part, letters and digits
    10 | hword_part      | Hyphenated word part, all letters
    11 | hword_asciipart | Hyphenated word part, all ASCII
    12 | blank           | Space symbols
    13 | tag             | XML tag
    14 | protocol        | Protocol head
    15 | numhword        | Hyphenated word, letters and digits
    16 | asciihword      | Hyphenated word, all ASCII
    17 | hword           | Hyphenated word, all letters
    18 | url_path        | URL path
    19 | file            | File or path name
    20 | float           | Decimal notation
    21 | int             | Signed integer
    22 | uint            | Unsigned integer
    23 | entity          | XML entity

12.8.3. 辞書のテスト

ts_lexize関数は辞書のテストを支援します。

ts_lexize(dict regdictionary, token text) returns text[]

ts_lexizeは、入力tokenが辞書に認識されれば語彙素の配列を返します。辞書に認識され、それがストップワードである場合には空の配列を返します。認識されなければNULLを返します。

例:

SELECT ts_lexize('english_stem', 'stars');
 ts_lexize
-----------
 {star}

SELECT ts_lexize('english_stem', 'a');
 ts_lexize
-----------
 {}

注意: ts_lexize関数には、テキストではなく単一のトークンを与えます。これを間違えると次のようになります。

SELECT ts_lexize('thesaurus_astro','supernovae stars') is null;
 ?column?
----------
 t

類語辞書thesaurus_astroは語句supernovae starsを認識しますが、ts_lexizeはしません。なぜなら、入力をテキストではなく、単一のトークンとして扱うからです。類語辞書をテストするには、plainto_tsqueryまたはto_tsvectorを使ってください。例を示します。

SELECT plainto_tsquery('supernovae stars');
 plainto_tsquery
-----------------
 'sn'