[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

9.1. 論理演算子

通常の論理演算子が使用できます。

AND
OR
NOT

SQLはtrue、false、そして"不明"を意味するNULL値の3値のロジックシステムを使用します。以下の真理値表を参照してください。

aba AND ba OR b
TRUETRUETRUETRUE
TRUEFALSEFALSETRUE
TRUENULLNULLTRUE
FALSEFALSEFALSEFALSE
FALSENULLFALSENULL
NULLNULLNULLNULL

aNOT a
TRUEFALSE
FALSETRUE
NULLNULL

AND演算子とOR演算子は交換可能です。 つまり、結果に影響を与えることなく左右のオペランドを交換することができます。 しかし、副式の評価順についてのより詳細については項4.2.14を参照してください。