[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

CREATE TEXT SEARCH TEMPLATE

名前

CREATE TEXT SEARCH TEMPLATE -- 新しいテキスト検索テンプレートを定義する

概要

CREATE TEXT SEARCH TEMPLATE name (
    [ INIT = init_function , ]
    LEXIZE = lexize_function
)

説明

CREATE TEXT SEARCH TEMPLATEは新しいテキスト検索テンプレートを作成します。 テキスト検索テンプレートは、テキスト検索辞書を実装する関数を定義します。 テンプレート自体は有用ではありませんが、使用される辞書として実体化されなければなりません。 通常この辞書はテンプレート関数に渡すパラメータを指定します。

スキーマ名が指定された場合、テキスト検索テンプレートは指定したスキーマに作成されます。 さもなくば、現在のスキーマに作成されます。

CREATE TEXT SEARCH TEMPLATEを使用するには、スーパーユーザでなければなりません。 おかしなテキスト検索テンプレート定義は混乱を引き起こし、サーバをクラッシュさせる可能性があるため、この制限があります。 辞書とテンプレートを分離させた理由は、テンプレートにより辞書定義の"安全でない"側面を隠蔽化することです。 辞書を定義する時に設定できるパラメータは、非特権ユーザが設定しても安全なものです。 このため、辞書の作成では特権操作は必要ありません。

詳細は第12章を参照してください。

パラメータ

name

作成するテキスト検索テンプレートの名称です。 この名前はスキーマで修飾することができます。

init_function

テンプレートの初期化関数の名称です。

lexize_function

テンプレートの字句化関数の名称です。

関数名は必要に応じてスキーマで修飾可能です。 各種関数の引数リストは事前にわかりますので、引数型の指定はありません。 字句化関数は必須ですが、初期化関数は省略可能です。

引数は、上で示した順序だけではなく、任意の順序で記述することができます。

互換性

標準SQLにはCREATE TEXT SEARCH TEMPLATE文はありません。

関連項目

ALTER TEXT SEARCH TEMPLATE, DROP TEXT SEARCH TEMPLATE