★PostgreSQLカンファレンス2021 11月12日開催/チケット販売中★
他のバージョンの文書 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

48.21. pg_event_trigger

pg_event_triggerカタログはイベントトリガを格納します。 詳細は第37章を参照してください。

表 48-21. pg_event_triggerの列

名前参照先説明
evtnamename トリガ名(一意でなければなりません)
evteventname このトリガが発行する対象のイベントを識別します。
evtowneroidpg_authid.oidイベントトリガの所有者
evtfoidoidpg_proc.oid呼び出される関数
evtenabledchar どのsession_replication_role モードでこのイベントトリガを発行するかを制御します。 Oでは、トリガは"origin"および"local" モードで発行します。 Dでは、トリガは無効です。 R では、トリガは"replica"モードで発行します。 Aでは、トリガは常に発行します。
evttagstext[] このトリガを発行するコマンドタグです。 NULLの場合、このトリガの発行はコマンドタグに基づいて制限されていません。