他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

pg_xlogdump

名前

pg_xlogdump -- PostgreSQLデータベースクラスタの先行書き込みログを可読性が高い表現で表示する

概要

pg_xlogdump [option...] [startseg [endseg] ]

説明

pg_xlogdumpは先行書き出しログ(WAL)を表示します。 主にデバッグや学習目的に有用です。

データディレクトリへの読み取り専用のアクセスが必要ですので、このユーティリティはサーバをインストールしたユーザによってのみ実行することができます。

オプション

以下のコマンドラインオプションは場所や出力書式を制御します。

startseg

指定したログセグメントファイルから読み取りを開始します。 これは暗黙的に検索されるファイルのパスや使用するタイムラインを決定します。

endseg

指定したログセグメントファイルを読み取り後終了します。

-b
--bkp-details

バックアップブロックに関する詳細情報を出力します。

-e end
--end=end

ログストリームの終了点まで読み取る代わりに、指定したログ位置で読み取りを終了します。

-f
--follow

有効なWALの終わりに到達した後、新しいWALが現れるのを1秒間に1回ポーリングし続けます。

-n limit
--limit=limit

指定レコード数を表示し、終了します。

-p path
--path=path

ログセグメントファイルを見つけ出すディレクトリです。 デフォルトでは現在のディレクトリ内のpg_xlog副ディレクトリから検索されます。

-r rmgr
--rmgr=rmgr

指定されたリソースマネージャによって生成されたレコードのみを表示します。 listが名称として渡された場合は、有効なリソースマネージャの一覧を表示します。

-s start
--start=start

読み取りを始めるログ位置です。 デフォルトでは、最も過去のファイルの中で見つかった最初の有効なログレコードから読み取りを始めます。

-t timeline
--timelime=timeline

ログレコードの読み取り先のタイムラインです。 デフォルトでは、startsegが指定されている場合はstartseg内の値が使用されます。 指定がない場合のデフォルトは1です。

-V
--version

pg_xlogdumpのバージョンを表示し終了します。

-x xid
--xid=xid

指定されたトランザクションIDで印付けられたレコードのみを表示します。

-?
--help

pg_xlogdumpのコマンドライン引数に関する説明を表示し、終了します。

注釈

サーバが実行中の場合は間違った結果になることがあります。

指定されたタイムラインのみが表示されます(指定がなければデフォルトのみが表示)。 他のタイムラインのレコードは無視されます。

関連項目

項29.5