他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

F.38. test_decoding

test_decodingは論理デコード出力プラグインの例です。 これは特に有用なことはまったく行いませんが、独自デコーダ開発の開始点として使えます。

test_decodingは論理デコード機構を通してWALを受け取り、実行された操作のテキスト表現にデコードします。

このプラグインがSQL論理デコードインタフェースで使われると、そこからの典型的な出力は以下のようになるでしょう。

postgres=# SELECT * FROM pg_logical_slot_get_changes('test_slot', NULL, NULL, 'include-xids', '0');
 location  | xid |                       data
-----------+-----+--------------------------------------------------
 0/16D30F8 | 691 | BEGIN
 0/16D32A0 | 691 | table public.data: INSERT: id[int4]:2 data[text]:'arg'
 0/16D32A0 | 691 | table public.data: INSERT: id[int4]:3 data[text]:'demo'
 0/16D32A0 | 691 | COMMIT
 0/16D32D8 | 692 | BEGIN
 0/16D3398 | 692 | table public.data: DELETE: id[int4]:2
 0/16D3398 | 692 | table public.data: DELETE: id[int4]:3
 0/16D3398 | 692 | COMMIT
(8 rows)