他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

名前

WHENEVER — SQL文により特定の分類の条件が発生する時に行う動作を指定します。

概要

WHENEVER { NOT FOUND | SQLERROR | SQLWARNING } action

説明

SQL実行の結果において特殊な状態(行がない、SQL警告またはSQLエラー)で呼び出される動作を定義します。

パラメータ

パラメータの説明については34.8.1. コールバックの設定を参照してください。

EXEC SQL WHENEVER NOT FOUND CONTINUE;
EXEC SQL WHENEVER NOT FOUND DO BREAK;
EXEC SQL WHENEVER SQLWARNING SQLPRINT;
EXEC SQL WHENEVER SQLWARNING DO warn();
EXEC SQL WHENEVER SQLERROR sqlprint;
EXEC SQL WHENEVER SQLERROR CALL print2();
EXEC SQL WHENEVER SQLERROR DO handle_error("select");
EXEC SQL WHENEVER SQLERROR DO sqlnotice(NULL, NONO);
EXEC SQL WHENEVER SQLERROR DO sqlprint();
EXEC SQL WHENEVER SQLERROR GOTO error_label;
EXEC SQL WHENEVER SQLERROR STOP;

以下は、結果セットを通したループ処理を扱うためにWHENEVER NOT FOUND BREAKを使用する典型的なアプリケーションです。

int
main(void)
{
    EXEC SQL CONNECT TO testdb AS con1;
    EXEC SQL ALLOCATE DESCRIPTOR d;
    EXEC SQL DECLARE cur CURSOR FOR SELECT current_database(), 'hoge', 256;
    EXEC SQL OPEN cur;

    /* 結果集合の最後に到達したら、whileループから抜ける */
    EXEC SQL WHENEVER NOT FOUND DO BREAK;

    while (1)
    {
        EXEC SQL FETCH NEXT FROM cur INTO SQL DESCRIPTOR d;
        ...
    }

    EXEC SQL CLOSE cur;
    EXEC SQL COMMIT;

    EXEC SQL DEALLOCATE DESCRIPTOR d;
    EXEC SQL DISCONNECT ALL;

    return 0;
}

互換性

WHENEVERは標準SQLで規定されていますが、ほとんどの動作はPostgreSQLの拡張です。