他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

E.236. リリース8.0.10

リリース日: 2007-01-08

このリリースは8.0.9の各種不具合を修正したものです。 8.0メジャーリリースにおける新機能についてはE.246. リリース8.0を参照してください。

E.236.1. バージョン8.0.10への移行

8.0.Xからの移行ではダンプ/リストアは不要です。 しかし、8.0.6より前のバージョンからアップグレードする場合は、E.240. リリース8.0.6を参照してください。

E.236.2. 変更点

  • AIXにおけるgetaddrinfo()の扱いを改良しました。(Tom)

    これは、特に統計情報コレクタの起動に関する問題を修正するものです。

  • VACUUMにおける親キーの再検索に失敗するエラーを修正しました。(Tom)

  • VACUUMによるギガバイト境界を跨る大規模なリレーションの切り詰めにおける競合状態を修正しました。(Tom)

  • 数ギガバイトのハッシュインデックスに影響する不具合を修正しました。(Tom)

  • Windowsのシグナル処理におけるデッドロックの可能性を修正しました。(Teodor)

  • 複数の空要素からなるARRAY[]生成時の不具合を修正しました。(Tom)

  • ECPGにおける接続時のメモリリークを修正しました。(Michael)

  • 新しくinitdbを行ったインストレーションでは、to_number()to_char(numeric)IMMUTABLEではなくSTABLEになりました。(Tom)

    これは、lc_numericがこれらの関数の出力を変更する可能性があるためです。

  • 括弧を使用した正規表現を使用するインデックスを改良しました。(Tom)

    この改良により、psql \dの性能も向上しました。

  • 時間帯データベースを更新しました。

    具体的にはこれは、オーストラリアおよびカナダの夏時間規則に影響します。