他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

E.229. リリース8.0.17

リリース日: 2008-06-12

このリリースは8.0.16に対し、重大な1つの不具合と軽微な1つの不具合を修正したものです。 8.0メジャーリリースにおける新機能についてはE.246. リリース8.0を参照してください。

E.229.1. バージョン8.0.17への移行

8.0.Xからの移行ではダンプ/リストアは不要です。 しかし、8.0.6より前のバージョンからアップグレードする場合は、E.240. リリース8.0.6を参照してください。

E.229.2. 変更点

  • pg_get_ruledef()で負の定数を括弧でくくるようにしました。(Tom)

    この修正前では、ビューまたはルールにおける負の定数がそのまま、例えば-42::integerのようにダンプされる可能性がありました。 これは若干正しくありません。 演算子の前置規則に従うと、(-42)::integerとなるべきです。 通常は大した違いが起こることはありませんが、最近の別のパッチと相互作用して、PostgreSQLが有効なSELECT DISTINCTビューの問い合わせを拒絶することになりました。 pg_dumpの出力のリロード失敗という結果になることもあり得たため、これは高優先度の修正として扱われました。 実際にダンプ出力が正しくなかったバージョンは8.3.1と8.2.7だけです。