他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

E.239. リリース8.0.7

リリース日: 2006-02-14

このリリースは8.0.6の各種不具合を修正したものです。 8.0メジャーリリースにおける新機能についてはE.246. リリース8.0を参照してください。

E.239.1. バージョン8.0.7への移行

8.0.Xからの移行ではダンプ/リストアは不要です。 しかし、8.0.6より前のバージョンからアップグレードする場合は、E.240. リリース8.0.6を参照してください。

E.239.2. 変更点

  • SET SESSION AUTHORIZATIONによるクラッシュの可能性を修正しました。 (CVE-2006-0553)

    アサートを有効にしてコンパイルした場合(これはデフォルトではありません)、非特権ユーザがサーバをクラッシュでき、その結果、他のユーザへのサービスが一時的に不能になります。 この問題を報告してくれたAkio Ishidaに感謝します。

  • 自身が挿入した行に関する行の可視性ロジックについての不具合を修正しました。 (Tom)

    非常に稀な状況で、現在のコマンドが挿入した行が、本来無効であるべき時に既に有効になっているものとして扱われることがありました。 リリース8.0.4、7.4.9、7.3.11で組み込まれた不具合を修正しました。

  • pg_clogおよびpg_subtransファイル生成時にファイルが既に存在するというエラーを引き起こす競合条件を修正しました。 (Tom)

  • キャッシュ無効化メッセージがおかしな時刻に届いた場合にクラッシュを引き起こす可能性を修正しました。 (Tom)

  • 準備済み文内のUNKNOWNパラメータ用のDOMAIN制約を適切に検査します。 (Neil)

  • ALTER COLUMN TYPEFOREIGN KEYUNIQUEPRIMARY KEY制約を確実に適切な順番で処理するようにしました。 (Nakano Yoshihisa)

  • 独自の演算子や演算子クラスを参照するクロススキーマを持つダンプをリストアできるように修正しました。 (Tom)

  • COPYに失敗した後、pg_restoreが適切に処理を継続できるようにしました。 これまではCOPYデータの残りをSQLコマンドとして扱おうとしました。 (Stephen Frost)

  • データディレクトリを指定しない場合にpg_ctl unregisterがクラッシュすることを修正しました。 (Magnus)

  • libpq PQprint HTMLタグを修正しました。 (Neil)

  • PL/pythonにおいて、引数を渡す段階でエラーが発生した場合に適切に復旧するようにしました。 (Neil)

  • Win32において、PL/perlのロケールの扱いをバックエンドに合わせるように修正しました。 (Andrew)

  • Win32においてpostgresql.conflog_min_messagesDEBUG3以上に設定された時のクラッシュを修正しました。 (Bruce)

  • Win32、Cygwin、OS X、AIX用のpgxs -Lライブラリ検索パス指定を修正しました。 (Bruce)

  • Win32の管理者権限を検査する時にSIDが有効か検査します。 (Magnus)

  • 範囲外の日付入力を適切に拒否します。 (Kris Jurka)

  • configure時のfiniteおよびisinfの存在検査に関する移植性を修正しました。 (Tom)