他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

E.172. リリース8.2.23

リリース日: 2011-12-05

このリリースは8.2.22に対し、各種の不具合を修正したものです。 8.2メジャーリリースにおける新機能についてはE.195. リリース8.2を参照してください。

これが8.2.X系列における最後のPostgreSQLリリースとなる予定です。 早めにより新しい系列のリリースに更新することを勧めます。

E.172.1. バージョン8.2.23への移行

8.2.Xからの移行ではダンプ/リストアは不要です。

しかし、information_schema.referential_constraintsビュー定義において長期に渡って潜在したエラーが見つかりました。 このビューからの正確な結果に依存している場合、後述の変更点の最初で説明する通りその定義を置き換えなければなりません。

また8.2.14以前のバージョンからアップデートする場合はE.181. リリース8.2.14を参照してください。

E.172.2. 変更点

  • information_schema.referential_constraintsビューの不具合を修正しました。(Tom Lane)

    このビューでは、外部キーと依存する主キーまたは一意キー制約との対応付けについて十分な注意を行っていませんでした。 このため、外部キー制約がまったく表示されない、何回も表示される、あるいは、実際の依存する制約とは異なる制約に依存するものと言い張るという結果になることがありました。

    このビュー定義はinitdbによってインストールされますので、ただアップグレードしただけでは問題は解消されません。 既存のインストレーションでこの問題を解消させなければならない場合、(スーパーユーザとして)information_schemaスキーマを削除して、SHAREDIR/information_schema.sqlを元に再作成することができます。 (SHAREDIRの場所が分からない場合はpg_config --sharedirを実行してください。) これは修正対象のデータベースそれぞれで繰り返さなければなりません。

  • CREATE TABLE dest AS SELECT * FROM srcまたはINSERT INTO dest SELECT * FROM src時のTOAST関連のデータの破損を修正しました。(Tom Lane)

    テーブルがALTER TABLE ADD COLUMNによって変更された場合、データを逐語的に別のテーブルにコピーしようとした時に特定の境界条件で破損した結果になることがありました。 この問題は、8.4以降において、この構文においてのみ明確に発生し得たものですが、同じ不具合を引き起こす他のコードパスがある場合に備えて、より過去のバージョンにおいてもパッチを適用しました。

  • 無効なsyscache項目からTOASTテーブルにアクセスする時の競合条件を修正しました。(Tom Lane)

    典型的な兆候は、missing chunk number 0 for toast value NNNNN in pg_toast_2619のような一時的なエラーです。 ここで挙げられるTOASTテーブルは常にシステムカタログに属します。

  • money型の入出力におけるロケールのサポートを改良しました。(Tom Lane)

    すべての標準lc_monetary書式付けオプションをサポートしていないという点以外にも、入力関数と出力関数に一貫性がなかったため、ダンプされたmoney値では再度読み取ることができないロケールがありました。

  • transform_null_equalsCASE foo WHEN NULL ...式に影響を与えないようにしました。(Heikki Linnakangas)

    transform_null_equalsは、CASE構文によって内部的に生成された等価な検査ではなく、直接ユーザによって書かれたfoo = NULLに影響を与えることのみを前提としています。

  • 自己参照外部キーをより良くサポートするために、外部キートリガの生成順序を変更しました。(Tom Lane)

    カスケードしている外部キーが自身のテーブルを参照する場合、1行の更新が1つのイベントでON UPDATEトリガとCHECKトリガの両方を発行します。 ON UPDATEトリガを最初に実行しなければなりません。 そうしないと、CHECKは最終的ではない行の状態を検査することになり、不適切なエラーが発生する可能性があります。 しかしこれらのトリガの発行順序はその名前によって決まります。 トリガはRI_ConstraintTrigger_NNNNという規約に従った名前で自動生成されますので、一般的には作成順序によって決まります。 適切な修正にはこの規約の変更が必要です。 9.2で変更する予定ですが、既存のリリースで変更することには危険があるように思われます。 このため、このパッチはトリガの作成順序を変更するだけです。 この種のエラーが起きたユーザは、トリガを正しい順序にするために、外部キー制約を削除し再作成しなければなりません。

  • psqlのコマンド履歴内で空行を含むコマンドを保持します。(Robert Haas)

    これまでの動作では、例えば文字列リテラル内の空行が削除された場合に問題が起きました。

  • PL/Perlの構築時に好みのバージョンのxsubppを使用します。 オペレーティングシステムのメインコピーである必要はありません。(David Wheeler、Alex Hunsaker)

  • pgstatindex()において問い合わせキャンセル割込みを適切に受け付けます。(Robert Haas)

  • VPATH構築ですべてのサーバヘッダファイルが適切にインストールされることを確実にしました。(Peter Eisentraut)

  • 冗長エラーメッセージ内で報告されるファイル名を短くしました。(Peter Eisentraut)

    通常の構築では常にCファイルの名前だけがエラーメッセージ呼び出しの中で報告されました。 しかしこれまでVPATH構築では絶対パス名が報告されました。

  • 中央アメリカ用のWindowsの時間帯名の解釈を修正しました。(Tom Lane)

    通常中央アメリカではまったく夏時間が認められませんので、Central America Standard TimeCST6CDTではなくCST6に対応付けしました。

  • 時間帯データファイルをtzdata release 2011nに更新しました。 ブラジル、キューバ、フィジー、パレスチナ、ロシア、サモアにおける夏時間規則の変更、アラスカ、イギリス領東アフリカの歴史的な修正が含まれています。