[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

E.126. リリース8.4.21

リリース日: 2014-03-20

このリリースは8.4.20に対し、各種不具合を修正したものです。 8.4メジャーリリースにおける新機能については、E.147. リリース8.4を参照してください。

PostgreSQLコミュニティは2014年7月に8.4.Xシリーズの更新リリースを終了する予定です。 早めに新しいリリースのブランチに更新することを推奨します。

E.126.1. バージョン8.4.21への移行

8.4.Xからの移行ではダンプ/リストアは不要です。

しかしながら、8.4.19以前のリリースからアップグレードする場合は、E.128. リリース8.4.19を参照して下さい。

E.126.2. 変更点

  • ページ破損リスクを避けるために、GINメタページを無条件でリストアします。(Heikki Linnakangas)

    この見落としは理論的にはインデックスの破損をもたらすかもしれませんが、 GINメタページのアクティブな部分は標準的なディスクセクタの512バイトよりも小さいので、 実際に問題を引き起こすことはほとんどありません。

  • クエリーのキャンセルリクエストによる、正規表現操作のより速い終了を許可します。(Tom Lane)

    おかしな正規表現によって長時間、中断不可なサーバプロセスでロックされてしまうシナリオを防ぎます。

  • 単一要素のROWの引数に対してOVERLAPSを実行しようとする誤ったコードを削除しました。(Joshua Yanovski)

    このコードは決して正しく動かず、またこのケースはSQL標準にもドキュメントにも定義されていないため、修正するよりも削除した方が良いと思われました。

  • ルールやビューをデパースする際、AccessShareLock以上のロック取得を防ぎます。(Dean Rasheed)

    この見落としによって、pg_dumpINSERT/UPDATE/DELETEコマンドをデパースする際、 対象テーブルに予期しないRowExclusiveLockロックが発生していました。 通常は無害ですが、例えば、これらのテーブルにShareLockを取得しようとするトランザクションが同時にあった場合、それを妨げていました。

  • ERRORでないメッセージ出力中の割り込みを防止しました。(Tom Lane)

    再帰的にsyslog()に書き込まれたり、恐らくそれに関連した他の問題などによって、稀にサーバプロセスが固まる事への対処です。

  • タイムゾーンデータファイルをtzdataリリース2014aに更新しました。 フィジーとトルコでの夏時間の変更が含まれます。 また、イスラエルとウクライナでの歴史的な地域データの修正が含まれます。