[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

E.102. リリース9.0.22

リリース日: 2015-06-12

このリリースは9.0.21に対し、少数の不具合を修正したものです。 9.0メジャーリリースにおける新機能については、E.124. リリース9.0 を参照してください。

PostgreSQLコミュニティは2015年9月に9.0.Xシリーズの更新リリースを終了する予定です。 早めに新しいリリースのブランチに更新することを推奨します。

E.102.1. バージョン 9.0.22への移行

9.0.Xからの移行ではダンプ/リストアは不要です。

また、9.0.18よりも前のリリースからアップグレードする場合は、E.106. リリース9.0.18を参照して下さい。

E.102.2. 変更点

  • 稀にリレーションキャッシュ初期化ファイル無効化に失敗するのを修正しました。 (Tom Lane)

    ちょうど悪いタイミングの同時動作で、システムカタログのVACUUM FULLが、新たなセッションのためにキャッシュ読み込み動作を避けるのに使われるinitファイルの更新に失敗することがありました。 この結果、後のセッションがそのシステムカタログに全くアクセスできなくなってしまいます。 これはとても古くからのバグですが、起こすのが難しく、最近まで再現できるケースが見つかりませんでした。

  • 新たなセッション開始とCREATE/DROP DATABASEとの間のデッドロックを回避しました。 (Tom Lane)

    DROP DATABASEコマンドの対象であるか、または、CREATE DATABASEコマンドでのテンプレートであるデータベースに対する新たなセッション開始が、5秒待った後、たとえ新たなセッションがその前に終了していたとしても、失敗する可能性がありました。