他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

名前

SPI_execp — 読み書きモードで文を実行する

概要

int SPI_execp(SPIPlanPtr plan, Datum * values, const char * nulls, long count)

説明

SPI_execpは、常にread_onlyパラメータをfalseとしたSPI_execute_planと同じです。

引数

SPIPlanPtr plan

SPI_prepareで返される)準備済み文

Datum * values

実パラメータ値の配列。 文の引数の数と同じ長さでなければなりません。

const char * nulls

どのパラメータがNULLであるかを示す配列。 文の引数の数と同じ長さでなければなりません。

nullsNULLの場合、SPI_execpはすべてのパラメータがNULLではないとみなします。 さもなければ、nulls配列の各項目は、対応するパラメータが非NULLならば' '、対応するパラメータがNULLならば'n'です。 (後者の場合、values内の対応する値は注意されません。) nullsはテキスト文字列ではなく単なる配列であることに注意してください。 '\0'終端は必要ありません。

long count

返される行の最大数。無制限なら0。

戻り値

SPI_execute_planを参照してください。

成功時、SPI_execute同様にSPI_processedSPI_tuptableが設定されます。