他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

名前

CREATE DOMAIN — 新しいドメインを定義する

概要

CREATE DOMAIN name [ AS ] data_type
    [ COLLATE collation ]
    [ DEFAULT expression ]
    [ constraint [ ... ] ]

ここでconstraintは、以下の通りです。

[ CONSTRAINT constraint_name ]
{ NOT NULL | NULL | CHECK (expression) }

説明

CREATE DOMAINは新しいドメインを作成します。 ドメインとは本質的には、特別な制約(使用可能な値集合に対する制限)を持ったデータ型です。 ドメインを定義したユーザが、その所有者となります。

スキーマ名が付けられている場合(例えば、CREATE DOMAIN myschema.mydomain ...)、ドメインは指定されたスキーマに作成されます。 スキーマ名が付けられていなければ、そのドメインは現在のスキーマに作成されます。 ドメイン名は、そのスキーマ内に存在するデータ型およびドメインの間で、一意である必要があります。

ドメインを使用すると、共通な制約を1箇所に抽象化でき、メンテナンスに便利です。 たとえば、E-mailアドレスを格納する列が複数のテーブルで使用されていて、アドレス構文の検証のためすべてが同一のCHECK制約を必要としているような場合です。 このような場合、各テーブルに個別に制約を設定するよりも、ドメインを定義してください。

ドメインを作成するためには、基となる型に対するUSAGEを持たなければなりません。

パラメータ

name

作成するドメインの名前です(スキーマ修飾名でも可)。

data_type

ドメインの基となるデータ型です。 配列指定子を含めることができます。

collation

ドメインの照合順(省略可能)です。 照合順序の指定がなければ基となるデータ型のデフォルトの照合順序が使用されます。 COLLATEが指定される場合、基となる型は照合順序が設定可能な型でなければなりません。

DEFAULT expression

DEFAULT句は、ドメインデータ型の列のデフォルト値を指定します。 任意の無変数式を値とすることができます(ただし、副問い合わせは許可されません)。 デフォルト式のデータ型は、そのドメインのデータ型と一致する必要があります。 デフォルト値が指定されない場合、デフォルト値はNULL値となります。

デフォルト式は、挿入操作において該当する列に値が指定されなかった場合に使用されます。 特定の列に対してデフォルト値が定義されている場合、それはドメインに関連するデフォルト値より優先します。 反対に、基となるデータ型に関連するデフォルト値より、ドメインのデフォルト値が優先します。

CONSTRAINT constraint_name

制約の名前(省略可能)です。 指定されなければ、システムが名前を生成します。

NOT NULL

このドメインの値としてNULLの使用を禁止します(ただし、以下の注釈を参照してください)。

NULL

ドメインの値としてNULLの使用を許可します。 こちらがデフォルトです。

この句は非標準的なSQLデータベースとの互換性を持つためだけに用意されています。 新しいアプリケーションでこの句を使用するのはお勧めできません。

CHECK (expression)

CHECK句は、ドメインの値が満たさなければならない整合性制約や検査を指定します。 各制約は、Boolean型の結果を生成する式である必要があります。 検査される値を参照するには、VALUEというキーワードを使用すべきです。 TRUEまたはUNKNOWNとして評価される式は成功します。 式の結果がFALSEになった場合、エラーが報告され、値はドメイン型に変換することができません。

現時点では、CHECK式に副問い合わせを含めたり、VALUE以外の変数を参照したりすることはできません。

ドメインに複数のCHECK制約がある場合、それらは名前のアルファベット順に評価されます。 (PostgreSQLの9.5より前のバージョンでは、複数のCHECK制約がある場合について、特定の実行順序がありませんでした。)

注釈

ドメイン制約、特にNOT NULLは、値がドメイン型に変換されるときに検査されます。 通常はドメイン型である列が、NOT NULLの制約にも関わらずNULLとして読み出される場合もあり得ます。 例えば、外部結合の問い合わせにおいて、ドメインの列が外部結合のNULLになる側にあるときに、これが起こり得ます。 より微妙な例は以下です。

INSERT INTO tab (domcol) VALUES ((SELECT domcol FROM tab WHERE false));

空でスカラーの副問い合わせにより、ドメイン型であると見なされるNULL値が生成されます。 そのため、制約についてこれ以上の検証は行われず、挿入は成功します。

SQLではNULL値はすべてのデータ型で有効な値であると想定されているため、このような問題を回避するのは非常に難しいことです。 したがって、最善の方法は、NOT NULL制約をドメイン型に直接適用するのではなく、NULL値が許されるようにドメインの制約を設計し、その上で、列のNOT NULL制約を、必要に応じて、ドメイン型の列に適用することです。

この例では、データ型us_postal_codeを作成し、その型をテーブル定義の中で使用します。 データが有効なUS郵便番号であるかどうかを検証するために正規表現検査が使用されます。

CREATE DOMAIN us_postal_code AS TEXT
CHECK(
   VALUE ~ '^\d{5}$'
OR VALUE ~ '^\d{5}-\d{4}$'
);

CREATE TABLE us_snail_addy (
  address_id SERIAL PRIMARY KEY,
  street1 TEXT NOT NULL,
  street2 TEXT,
  street3 TEXT,
  city TEXT NOT NULL,
  postal us_postal_code NOT NULL
);

互換性

CREATE DOMAINコマンドは標準SQLに準拠しています。

関連項目

ALTER DOMAIN, DROP DOMAIN