他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

名前

DROP ACCESS METHOD — アクセスメソッドを削除する

概要

DROP ACCESS METHOD [ IF EXISTS ] name [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP ACCESS METHODは既存のアクセスメソッドを削除します。 スーパーユーザのみがアクセスメソッドを削除できます。

パラメータ

IF EXISTS

アクセスメソッドが存在しない時にエラーを発生させません。 この場合、注意が発行されます。

name

既存のアクセスメソッドの名前です。

CASCADE

アクセスメソッドに依存するオブジェクト(演算子クラス、演算子族、インデックスなど)を自動的に削除し、さらに、それらのオブジェクトに依存するすべてのオブジェクトも削除します(5.13. 依存関係の追跡参照)。

RESTRICT

アクセスメソッドに依存するオブジェクトが1つでもあれば、削除を拒絶します。 これがデフォルトです。

アクセスメソッドheptreeを削除するには次のようにします。

DROP ACCESS METHOD heptree;

互換性

DROP ACCESS METHODPostgreSQLの拡張です。

関連項目

CREATE ACCESS METHOD