他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

名前

DROP TRANSFORM — 変換を削除する

概要

DROP TRANSFORM [ IF EXISTS ] FOR type_name LANGUAGE lang_name [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP TRANSFORMは以前に定義された変換を削除します。

変換を削除するには、型と言語を所有していなければなりません。 これらは変換を作成するのに必要とされるのと同じ権限です。

パラメータ

IF EXISTS

変換が存在しない場合にエラーを発生させません。 この場合、注意が発行されます。

type_name

変換のデータ型の名前です。

lang_name

変換の言語の名前です。

CASCADE

変換に依存するオブジェクトを自動的に削除し、さらにそれらのオブジェクトに依存するすべてのオブジェクトも削除します(5.13. 依存関係の追跡参照)。

RESTRICT

変換に依存するオブジェクトがある場合は、変換を削除しません。 これがデフォルトです。

hstore型で言語plpythonuの変換を削除するには次のようにします。

DROP TRANSFORM FOR hstore LANGUAGE plpythonu;

互換性

この構文のDROP TRANSFORMPostgreSQLの拡張です。 詳しくはCREATE TRANSFORMを参照してください。

関連項目

CREATE TRANSFORM