他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

15.2. どのような時にパラレルクエリは使用できるのか?

どのような状況においても、プランナにパラレルクエリプランを生成させなくしてしまう設定があります。 とにかくパラレルクエリプランを生成させるためには、次に示すように設定しなければなりません。

加えて、システムはシングルユーザーモードで動いていてはいけません。 この場合はデータベースシステム全体が一つのプロセスで動いているので、バックグラウンドワーカーが使えません。

一般にパラレルクエリプランが生成可能な場合でも、以下のうち一つでも真であると、プランナはクエリに対するパラレルクエリプランを生成しません。

あるクエリに対してパラレルクエリプランが生成された場合でも、実行時にプランを並列に実行できないような状況があります。 この状況においては、まるでGatherノードが存在しなかったかのように、リーダはGatherノード以下部分のプランのすべてを自分自身で実行します。 これは、以下の条件のどれかが当てはまると起こります。