他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第68章 プランナは統計情報をどのように使用するか

目次

68.1. 行数推定の例
68.2. 多変量統計の例
68.2.1. 関数従属性
68.2.2. 多変量N個別値計数
68.3. プランナの統計情報とセキュリティ

本章は、14.114.2で扱われている題材を基にしていて、問い合わせの各段階において返される行数を推定するために、プランナがシステムの統計情報をどのように使用するかについて更なる詳細をいくつか説明します。 これは計画作成処理において重要な部分で、コスト計算用の多くの情報を提供します。

本章の目的はコードを詳しく文書化することではありません。 どのように動作するのかに関する概要を表すことが目的です。 これによりおそらく、後にコードを参照するユーザの習得速度が向上するでしょう。