他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SPI_register_trigger_data

SPI_register_trigger_data — 短命のトリガーデータをSPIの問い合わせから利用可能にする

概要

int SPI_register_trigger_data(TriggerData *tdata)

説明

SPI_register_trigger_dataはトリガによって捕捉される任意の短命のリレーションを、現在のSPI接続を通して計画され、実行される問い合わせで利用可能にします。 現在のところ、これはREFERENCING OLD/NEW TABLE ASの句で定義されるAFTERトリガによって捕捉される遷移テーブルを意味します。 この関数は接続後にPLのトリガハンドラ関数から呼び出されるようにします。

引数

TriggerData *tdata

トリガハンドラ関数にfcinfo->contextとして渡されるTriggerDataオブジェクト

戻り値

コマンドの実行に成功したときは、次の(負でない)値が返されます。

SPI_OK_TD_REGISTER

捕捉されたトリガデータ(あれば)が登録された場合

エラーが発生したときは、以下の負の値の一つが返されます。

SPI_ERROR_ARGUMENT

tdataNULLの場合

SPI_ERROR_UNCONNECTED

接続されていないプロシージャから呼び出された場合

SPI_ERROR_REL_DUPLICATE

トリガデータの遷移リレーションのどれかの名前が、この接続で既に登録されている場合