他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP POLICY

DROP POLICY — テーブルから行単位のセキュリティポリシーを削除する

概要

DROP POLICY [ IF EXISTS ] name ON table_name [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP POLICYはテーブルから指定したポリシーを削除します。 テーブルの最後のポリシーが削除され、そのテーブルではまだALTER TABLEによる行単位セキュリティが有効な場合は、デフォルト拒否のポリシーが使われることに注意して下さい。 テーブルのポリシーの存在の有無に関わらず、ALTER TABLE ... DISABLE ROW LEVEL SECURITYを使い、テーブルの行単位セキュリティを無効にすることができます。

パラメータ

IF EXISTS

ポリシーが存在しない時にエラーを発生させません。 この場合、注意が発行されます。

name

削除するポリシーの名前です。

table_name

ポリシーが適用されているテーブルの名前(スキーマ修飾可)です。

CASCADE
RESTRICT

これらのキーワードには何の効果もありません。 ポリシーには依存関係がないからです。

my_tableという名前のテーブル上のp1というポリシーを削除するには、次のようにします。

DROP POLICY p1 ON my_table;

互換性

DROP POLICYPostgreSQLの拡張です。

関連項目

CREATE POLICY, ALTER POLICY