他のバージョンの文書 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

48.3. ストリームレプリケーションプロトコルインタフェース

コマンド

は、それぞれレプリケーションスロットに対して更新データを生成、削除、ストリームします。 これらのコマンドは、レプリケーション接続でのみ使用できます。 SQLでは使用できません。 これらのコマンドの詳細については52.4を参照してください。

コマンドpg_recvlogicalを使ってストリーミングコネクション上のロジカルデコーディングを制御できます(このコマンドは内部で上記のコマンドを使っています)。