他のバージョンの文書 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

51.87. pg_shmem_allocations

pg_shmem_allocationsビューは、サーバの主共有メモリセグメントによるメモリの獲得状況を表示します。 これはpostgres自身が獲得したメモリと、37.10.10で詳細を説明している機構を使って拡張が獲得したメモリの両方が含まれます。

このビューは動的共有メモリ基盤を使って獲得したメモリは含まれないことに注意してください。

表51.88 pg_shmem_allocationsの列

列 型

説明

name text

共有メモリ獲得の名前です。 NULLなら未使用のメモリで、無名の獲得なら<anonymous>です。

off int8

この獲得が開始する位置です。 NULLなら無名の獲得あるいは未使用のメモリです。

size int8

獲得サイズです。

allocated_size int8

パディングを含む獲得サイズです。 無名の獲得では、パディングに関する情報はありません。ですからsizeallocated_size列は常に同じです。 パディングは未使用メモリでは意味がありません。ですからそのような列でも同じになります。


無名の獲得は、ShmemInitStruct()あるいはShmemInitHash()ではなく、ShmemAlloc()で直接行われたものです。

デフォルトではpg_shmem_allocationsはスーパユーザだけが読み取りできます。