他のバージョンの文書 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

51.86. pg_shadow

pg_shadowビューは下位互換のために存在しています。 バージョン8.1以前のPostgreSQLに存在していたカタログを模擬します。 pg_authid内でrolcanloginのマークがついた全てのロールの属性を保持します。

名前の由来は、このテーブルがパスワードを含むため、一般的には読めないことから来ています。 pg_userは、pg_shadowのビューですが、パスワードの列が空白となっているため一般に読むことが可能です。

表51.87 pg_shadowの列

列 型

説明

usename name (参照先 pg_authid.rolname

ユーザ名

usesysid oid (参照先 pg_authid.oid

ユーザID

usecreatedb bool

ユーザはデータベースを作成可能です。

usesuper bool

ユーザはスーパーユーザです。

userepl bool

ユーザはストリーミングレプリケーションを開始することができ、システムをバックアップモードにしたり、戻したりできます。

usebypassrls bool

ユーザはすべての行単位セキュリティポリシーを無視します。 詳しくは5.8を参照してください。

passwd text

(おそらく暗号化された)パスワード。 存在しない場合はNULLです。 暗号化されたパスワードの格納方法についてはpg_authidを参照してください。

valuntil timestamptz

パスワード有効期限(パスワード認証でのみ使用)

useconfig text[]

実行時設定変数のセッションデフォルト