他のバージョンの文書 14 | 13 | 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

O.1. recovery.confファイルをpostgresql.confに統合

PostgreSQL 11以下では、recovery.conf という名前の設定ファイルを使用して、レプリカとスタンバイを管理していました。 このファイルのサポートはPostgreSQL 12で削除されました。 この変更の詳細については、PostgreSQL 12のリリースノートを参照してください。

PostgreSQL 12以上では、アーカイブリカバリ、ストリーミングレプリケーション、およびPITR通常のサーバ設定パラメータを使用して設定されています。 これらはpostgresql.confで設定されるか、他のパラメータと同様にALTER SYSTEMを介して設定されます。

recovery.confが存在する場合、サーバは起動しません。

trigger_file 設定はpromote_trigger_fileに名前が変更されました。

standby_mode 設定が削除されました。 代わりに、dataディレクトリ内のstandby.signalファイルが使用されます。 詳細については、Standby Server Operationを参照してください。