他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

1.13. サンプルプログラム

Example 1-1. libpqサンプルプログラム1

/*
 * testlibpq.c
 *
 * PostgreSQL のフロントエンドライブラリである libpq の
 * C 版のテスト
 */
#include <stdio.h>
#include <libpq-fe.h>

void
exit_nicely(PGconn *conn)
{
    PQfinish(conn);
    exit(1);
}

main()
{
    char       *pghost,
               *pgport,
               *pgoptions,
               *pgtty;
    char       *dbName;
    int         nFields;
    int         i,
                j;

    /* FILE *debug; */

    PGconn     *conn;
    PGresult   *res;

    /*
     * バックエンドとの接続に必要なパラメータをセットしてプログラムを
     * 開始します。
     * パラメータが NULL であれば、環境変数を探して妥当と思われる値を
     * 使おうとしますが、見付からない場合は、システムデフォルトの値を
     * 使います。
     */
    pghost = NULL;              /* バックエンドサーバが動作しているホスト名 */
    pgport = NULL;              /* バックエンドサーバのポート番号 */
    pgoptions = NULL;           /* バックエンドの起動オプション */
    pgtty = NULL;               /* バックエンドのデバッグ用 tty */

    dbName = "template1";

    /* データベースへ接続 */
    conn = PQsetdb(pghost, pgport, pgoptions, pgtty, dbName);

    /*
     * バックエンドとの接続が成功したことを確認
     */
    if (PQstatus(conn) == CONNECTION_BAD)
    {
        fprintf(stderr, "Connection to database '%s' failed.\n", dbName);
        fprintf(stderr, "%s", PQerrorMessage(conn));
        exit_nicely(conn);
    }

    /* debug = fopen("/tmp/trace.out","w"); */
    /* PQtrace(conn, debug);  */

    /* トランザクションブロックの開始 */
    res = PQexec(conn, "BEGIN");
    if (!res || PQresultStatus(res) != PGRES_COMMAND_OK)
    {
        fprintf(stderr, "BEGIN command failed\n");
        PQclear(res);
        exit_nicely(conn);
    }

    /*
     * メモリリークを防ぐため、必要がなくなったら、すぐに
     * PQclear(PGresult) しましょう
     */
    PQclear(res);

    /*
     * データベースのシステムカタログ、pg_database からインスタンスを
     * 取り出す
     */
    res = PQexec(conn, "DECLARE mycursor CURSOR FOR SELECT * FROM pg_database");
    if (!res || PQresultStatus(res) != PGRES_COMMAND_OK)
    {
        fprintf(stderr, "DECLARE CURSOR command failed\n");
        PQclear(res);
        exit_nicely(conn);
    }
    PQclear(res);
    res = PQexec(conn, "FETCH ALL in mycursor");
    if (!res || PQresultStatus(res) != PGRES_TUPLES_OK)
    {
        fprintf(stderr, "FETCH ALL command didn't return tuples properly\n");
        PQclear(res);
        exit_nicely(conn);
    }

    /* まず属性名を表示 */
    nFields = PQnfields(res);
    for (i = 0; i < nFields; i++)
        printf("%-15s", PQfname(res, i));
    printf("\n\n");

    /* 次にインスタンスを表示 */
    for (i = 0; i < PQntuples(res); i++)
    {
        for (j = 0; j < nFields; j++)
            printf("%-15s", PQgetvalue(res, i, j));
        printf("\n");
    }
    PQclear(res);

    /* カーソルを閉じる */
    res = PQexec(conn, "CLOSE mycursor");
    PQclear(res);

    /* トランザクションをコミットする */
    res = PQexec(conn, "COMMIT");
    PQclear(res);

    /* バックエンドとの接続を閉じ、後始末 */
    PQfinish(conn);

    /* fclose(debug); */
    return 0;

}

Example 1-2. libpq サンプルプログラム 2

/*
 * testlibpq2.c
 *  非同期通知のインターフェイスのテスト
 *
 * まずこのプログラムを実行し、それから他のウィンドウで psql から
 *
 *   NOTIFY TBL2;
 *
 * としてみてください。
 *
 * もうちょっと凝ってみたい場合は、次のようにします。
 * まず以下のようなデータベースを作ります。
 *
 *   CREATE TABLE TBL1 (i int4);
 *
 *   CREATE TABLE TBL2 (i int4);
 *
 *   CREATE RULE r1 AS ON INSERT TO TBL1 DO
 *     (INSERT INTO TBL2 values (new.i); NOTIFY TBL2);
 *
 * そして
 *
 *   INSERT INTO TBL1 values (10);
 *
 * としてください。
 *
 */
#include <stdio.h>
#include "libpq-fe.h"

void
exit_nicely(PGconn *conn)
{
    PQfinish(conn);
    exit(1);
}

main()
{
    char       *pghost,
               *pgport,
               *pgoptions,
               *pgtty;
    char       *dbName;
    int         nFields;
    int         i,
                j;

    PGconn     *conn;
    PGresult   *res;
    PGnotify   *notify;

    /*
     * バックエンドとの接続に必要なパラメータをセットしてプログラムを
     * 開始します。
     * パラメータが NULL であれば、環境変数を探して妥当と思われる値を
     * 使おうとしますが、見つからない場合は、システムデフォルトの定数
     * を使います。
     */
    pghost = NULL;              /* バックエンドサーバが動作しているホスト名 */
    pgport = NULL;              /* バックエンドサーバのポート番号 */
    pgoptions = NULL;           /* バックエンドの起動オプション */
    pgtty = NULL;               /* バックエンドのデバッグ用の tty */
    dbName = getenv("USER");    /* これは読者のテスト用データベースの名前に
                                   適宜置き換えてください */


    /* データベースへ接続 */
    conn = PQsetdb(pghost, pgport, pgoptions, pgtty, dbName);

    /*
     * バックエンドとの接続が成功したことを確認
     */
    if (PQstatus(conn) == CONNECTION_BAD)
    {
        fprintf(stderr, "Connection to database '%s' failed.\n", dbName);
        fprintf(stderr, "%s", PQerrorMessage(conn));
        exit_nicely(conn);
    }

    res = PQexec(conn, "LISTEN TBL2");
    if (!res || PQresultStatus(res) != PGRES_COMMAND_OK)
    {
        fprintf(stderr, "LISTEN command failed\n");
        PQclear(res);
        exit_nicely(conn);
    }

    /*
     * メモリリークを防ぐため、必要がなくなったら、すぐに
     * PQclear(PGresult) しましょう
     */
    PQclear(res);

    while (1)
    {

        /*
         * チェックの繰り返しの間、ちょっとだけ待ち時間を入れます。
         * select() で待ち時間を入れればより効果的になります。
         */
        sleep(1);
        /* バックエンドの非同期メッセージを取りこむ */
        PQconsumeInput(conn);
        /* 非同期通知メッセージのチェック */
        while ((notify = PQnotifies(conn)) != NULL)
        {
            fprintf(stderr,
                 "ASYNC NOTIFY of '%s' from backend pid '%d' received\n",
                    notify->relname, notify->be_pid);
            free(notify);
        }
    }

    /* バックエンドとの接続を閉じ、後始末 */
    PQfinish(conn);

    return 0;
}

Example 1-3. libpq サンプルプログラム 3

/*
 * testlibpq3.c PostgreSQL フロントエンドライブラリ libpq
 *              C バージョンのテスト
 *              バイナリカーソルのテスト
 *
 *
 *
 * まず以下のようなデータベースを作ります。
 *
 * CREATE TABLE test1 (i int4, d real, p polygon);
 *
 * INSERT INTO test1 values (1, 3.567, polygon '(3.0, 4.0, 1.0, 2.0)');
 *
 * INSERT INTO test1 values (2, 89.05, polygon '(4.0, 3.0, 2.0, 1.0)');
 *
 * 出力は以下のようになるはずです。
 *
 * tuple 0: got i = (4 bytes) 1, d = (4 bytes) 3.567000, p = (4
 * bytes) 2 points   boundbox = (hi=3.000000/4.000000, lo =
 * 1.000000,2.000000) tuple 1: got i = (4 bytes) 2, d = (4 bytes)
 * 89.050003, p = (4 bytes) 2 points   boundbox =
 * (hi=4.000000/3.000000, lo = 2.000000,1.000000)
 *
 *
 */
#include <stdio.h>
#include "libpq-fe.h"
<#include "utils/geo_decls.h"    /* POLYGON 型を使うのに必要 */

void
exit_nicely(PGconn *conn)
{
    PQfinish(conn);
    exit(1);
}

main()
{
    char       *pghost,
               *pgport,
               *pgoptions,
               *pgtty;
    char       *dbName;
    int         nFields;
    int         i,
                j;
    int         i_fnum,
                d_fnum,
                p_fnum;
    PGconn     *conn;
    PGresult   *res;

    /*
     * バックエンドとの接続に必要なパラメータをセットしてプログラムを
     * 開始します。
     * パラメータが NULL であれば、環境変数を探して妥当と思われる値を
     * 使おうとしますが、見つからない場合は、システムデフォルトの定数
     * を使います。
     */
    pghost = NULL;              /* バックエンドサーバのホスト名 */
    pgport = NULL;              /* バックエンドサーバのポート番号 */
    pgoptions = NULL;           /* バックエンドの起動オプション*/
    pgtty = NULL;               /* バックエンドのデバッグ用 tty */

    dbName = getenv("USER");    /* これは読者のテスト用データベースの
                                   名前に適宜置き換えてください。*/

    /* データベースに接続します */
    conn = PQsetdb(pghost, pgport, pgoptions, pgtty, dbName);

    /*
     * バックエンドとの接続が成功したことを確認
     */
    if (PQstatus(conn) == CONNECTION_BAD)
    {
        fprintf(stderr, "Connection to database '%s' failed.\n", dbName);
        fprintf(stderr, "%s", PQerrorMessage(conn));
        exit_nicely(conn);
    }

    /* トランザクションブロックの開始 */
    res = PQexec(conn, "BEGIN");
    if (!res || PQresultStatus(res) != PGRES_COMMAND_OK)
    {
        fprintf(stderr, "BEGIN command failed\n");
        PQclear(res);
        exit_nicely(conn);
    }

    /*
     * メモリリークを防ぐため、必要がなくなったら、すぐに
     * PQclear(PGresult) しましょう
     */
    PQclear(res);

    /*
     * データベースのシステムカタログ、pg_database からインスタンスを
     * 取り出す
     */
    res = PQexec(conn, "DECLARE mycursor BINARY CURSOR FOR SELECT * FROM test1");
    if (!res || PQresultStatus(res) != PGRES_COMMAND_OK)
    {
        fprintf(stderr, "DECLARE CURSOR command failed\n");
        PQclear(res);
        exit_nicely(conn);
    }
    PQclear(res);

    res = PQexec(conn, "FETCH ALL in mycursor");
    if (!res || PQresultStatus(res) != PGRES_TUPLES_OK)
    {
        fprintf(stderr, "FETCH ALL command didn't return tuples properly\n");
        PQclear(res);
        exit_nicely(conn);
    }

    i_fnum = PQfnumber(res, "i");
    d_fnum = PQfnumber(res, "d");
    p_fnum = PQfnumber(res, "p");

    for (i = 0; i < 3; i++)
    {
        printf("type[%d] = %d, size[%d] = %d\n",
               i, PQftype(res, i),
               i, PQfsize(res, i));
    }
    for (i = 0; i < PQntuples(res); i++)
    {
        int        *ival;
        float      *dval;
        int         plen;
        POLYGON    *pval;

    /*
     * テーブル上の3つのフィールドの型はわかっているので
     * ここでは変数に直接結び付けます
     */
        ival = (int *) PQgetvalue(res, i, i_fnum);
        dval = (float *) PQgetvalue(res, i, d_fnum);
        plen = PQgetlength(res, i, p_fnum);

        /*
         * planはフィールド長の分を含んでいないので、VARHDSZ を
         * 加えます
         */
        pval = (POLYGON *) malloc(plen + VARHDRSZ);
        pval->size = plen;
        memmove((char *) &pval->npts, PQgetvalue(res, i, p_fnum), plen);
        printf("tuple %d: got\n", i);
        printf(" i = (%d bytes) %d,\n",
               PQgetlength(res, i, i_fnum), *ival);
        printf(" d = (%d bytes) %f,\n",
               PQgetlength(res, i, d_fnum), *dval);
        printf(" p = (%d bytes) %d points \tboundbox = (hi=%f/%f, lo = %f,%f)\n",
               PQgetlength(res, i, d_fnum),
               pval->npts,
               pval->boundbox.xh,
               pval->boundbox.yh,
               pval->boundbox.xl,
               pval->boundbox.yl);
    }
    PQclear(res);

    /* カーソルを閉じる */
    res = PQexec(conn, "CLOSE mycursor");
    PQclear(res);

    /* トランザクションをコミット */
    res = PQexec(conn, "COMMIT");
    PQclear(res);

    /* データベースとの接続を閉じ、後始末 */
    PQfinish(conn);

    return 0;
}