他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

Chapter 1. libpq - C ライブラリ

Table of Contents
1.1. 序文
1.2. データベース接続関数
1.3. 問い合わせ実行関数
1.3.1. 主なルーチン
1.3.2. SQL 問い合わせに含まれる文字のエスケープ
1.3.3. SQL 問い合わせに含まれるバイナリ文字列のエスケープ
1.3.4. SELECTコマンドの結果情報の入手
1.3.5. SELECT 結果値の入手
1.3.6. SELECT以外のコマンドの結果情報の入手
1.4. 非同期問い合わせ関数
1.5. 近道インタフェース
1.6. 非同期通知
1.7. COPYコマンドに関連した関数
1.8. libpqトレース関数
1.9. libpq 制御関数
1.10. 環境変数
1.11. スレッドの振る舞い
1.12. Libpq プログラムの構築
1.13. サンプルプログラム

1.1. 序文

libpq は、C 言語のアプリケーションプログラマ用の PostgreSQL インタフェースです。 libpqは、クライアントプログラムから PostgreSQLのバックエンドサーバに問い合わせを渡し、その結果を受け取るためのライブラリルーチンの集合です。libpq は、 libpq++(C++)、libpgtcl(Tcl)、 Perlecpgなどを含む、他の PostgreSQL のアプリケーションインタフェースを支えるエンジンでもあります。ですので、libpq の動作は、これらのパッケージを使用する人にとって重要なものになります。

この節の最後に、libpqの使い方を示す、3 つの短いプログラムを載せておきました。また以下に示すディレクトリに、libpq を利用したアプリケーションプログラムの完全な例があります。

src/test/examples
src/bin/psql

libpqを使用してフロントエンドプログラムを作成するには、ヘッダファイル libpq-fe.h のインクルードと、libpq ライブラリとのリンクが必要です。