他のバージョンの文書9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

第 30章libpq - C ライブラリ

目次
30.1. データベース接続制御関数
30.2. 接続状態関数
30.3. コマンド実行関数
30.3.1. メイン関数
30.3.2. 問い合わせ結果の情報の取り出し
30.3.3. 他のコマンド用の結果情報の取り出し
30.3.4. SQLコマンドに含めるための文字列のエスケープ処理
30.3.5. SQLコマンドに含めるためのバイナリ文字列のエスケープ処理
30.4. 非同期コマンドの処理
30.5. 処理中の問い合わせのキャンセル
30.6. 近道インタフェース
30.7. 非同期通知
30.8. COPYコマンド関連関数
30.8.1. COPYデータ送信用関数
30.8.2. COPYデータ受信用関数
30.8.3. 廃れた COPY用関数
30.9. 制御関数
30.10. 雑多な関数
30.11. 警告処理
30.12. 環境変数
30.13. パスワードファイル
30.14. 接続サービスファイル
30.15. 接続パラメータのLDAP検索
30.16. SSLサポート
30.17. スレッド化プログラムの振舞い
30.18. libpqプログラムの構築
30.19. サンプルプログラム

libpqは、C言語のアプリケーションプログラマ用のPostgreSQLインタフェースです。 libpqは、クライアントプログラムからPostgreSQLのバックエンドサーバに問い合わせを渡し、その結果を受け取るためのライブラリ関数の集合です。

libpqは、C++、Perl、Python、Tcl、ECPGなどを含む、PostgreSQLの他の各種アプリケーションインタフェースを支えるエンジンでもあります。 従って、libpq の動作は、これらのパッケージを使用する人にとって重要なものになります。 特に、項30.12項30.13、および項30.16にて、libpqを使用する全てのアプリケーションのユーザから見える振舞いを説明します。

本章の最後に、libpqの使い方を示す、数個の短いプログラム(項30.19)があります。 また、ソースコード配布物内のsrc/test/examplesディレクトリに、libpqを利用したアプリケーションプログラムの完全な例があります。

libpqを使用してフロントエンドプログラムを作成するには、libpq-fe.hヘッダファイルのインクルードと、libpq ライブラリとのリンクが必要です。