他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

25.2. PL/Perl の構築とインストール

configure スクリプトに --with-perl が付与された場合、PostgreSQL の構築処理は PL/Perl 共有ライブラリを構築し、それを PostgreSQL のライブラリディレクトリにインストールします。

PL/Perl は共有ライブラリですので、ほとんどのプラットフォームにおいて、 libperl ライブラリも共有ライブラリでなければなりません。本書を記述している段階では、ほとんどの構築済みの Perl パッケージではこのようになっていません。この問題が発生する場合、以下のようなメッセージが構築時に表示され、この旨を通知します。

*** Cannot build PL/Perl because libperl is not a shared library.
*** You might have to rebuild your Perl installation.  Refer to
*** the documentation for details.

この場合、PL/Perl を構築できるように Perl を手で再構築し、インストールしなければなりません。Perl の構築処理にて、共有ライブラリとするよう要求して下さい。

Perl を再インストールした後、PostgreSQL ソースツリーにおける src/pl/plperl にディレクトリを変更し、PL/Perl 共有ライブラリの構築とインストールを完遂させるために、以下のコマンドを実行して下さい。

gmake clean
gmake all
gmake install

PL/Perl、PL/PerlU、あるいはその両者を特定のデータベースにインストールするには、createlang スクリプトを使用して下さい。例えば、 createlang plperl dbname または createlang plperlu dbname です。

Tip: 言語を template1 にインストールすると、その後に作成されるデータベース全てに、その言語は自動的にインストールされます。