他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

pg_passwd

Name

pg_passwd --  PostgreSQL副パスワードファイルの変更

Synopsis

pg_passwd filename

説明

pg_passwd はテキストパスワードファイルを操作するツールです。これらのファイルは PostgreSQL サーバのクライアント認証を制御します。認証機構の設定に関してのより詳細は、 管理者用ガイド に記載されています。

このテキストファイルの書式は、各行に1エントリを記載し、各エントリのフィールドは、コロンによって区切られています。最初のフィールドはユーザ名、2番目は暗号化されたパスワードです。他のフィールドは無視されます。(似たような書式を使用するアプリケーションとこのパスワードファイルを共有できるようにするために存在します。) pg_passwd を使用して、ユーザは対話式にエントリの追加や、既存のエントリのパスワードの変更、そのパスワードを暗号化を行なうことができます。

pg_passwd コマンドの引数にパスワードファイルの名前を与えてください。PostgreSQL から使用できるようにするためには、そのファイルは、サーバのデータディレクトリに存在し、そのベース名は pg_hba.conf アクセス制御ファイルにて指定されている必要があります。

$ pg_passwd /usr/local/pgsql/data/passwords
File "/usr/local/pgsql/data/passwords" does not exist.  Create? (y/n): y
Username: guest
Password:
Re-enter password:

ここで、Password:Re-enter password: プロンプトには、同じパスワードを入力する必要があります。また、入力自体は端末上には表示されません。標準 crypt(3) ライブラリ関数の制限のため、パスワードは8文字までに制限されています。

変更前のパスワードファイルは passwords.bk という名前に変更されます。

このパスワードファイルを使用する際には、以下のような行を pg_hba.conf に記載して下さい。

host  mydb     133.65.96.250   255.255.255.255 password passwords

これにより、このpasswords内のパスワード(とその中のユーザ)を使用して、133.65.96.250 のホストから mydb データベースにアクセスできます。

Note: また、パスワードファイルに、パスワードフィールドが空のエントリを持たせることも便利な方法です。(これは空のパスワードではありません。)このエントリによってシステムにアクセスできるユーザを制限することができます。これらのエントリは pg_passwd によって管理できませんが、パスワードファイルを手作業で編集することができます。

関連項目

PostgreSQL 管理者用ガイド