他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

3.8. pg_cast

pg_cast は、データ型変換パスを格納します。このパスは、取り込まれたパスと CREATE CAST で定義されたパスの両方です。

Table 3-8. pg_cast の列

名前参照先説明
castsourceoidpg_type.oidソースデータ型の OID
casttargetoidpg_type.oid目標データ型の OID
castfuncoidpg_proc.oid このキャストを実行するために使用する関数の OID。 データ型をバイナリに強制変換できる場合はゼロが格納されます(つまり、キャストを実行するためにランタイム操作は必要ありません)。
castcontextchar  キャストがどのコンテキストで起動されるかを示します。 e は、明示のキャストとしてのみ起動されることを意味します(CAST::、または function-call 構文を使用)。 a は、目標の列について明示的だけでなく暗黙的に割り当てられることを意味します。 i は、他のケースと同様に、式で暗黙的に起動されることを意味します。