他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

4.7. ファイルのインクルード

外部ファイルを埋め込み SQL プログラムにインクルードするには以下のようにします。

EXEC SQL INCLUDE filename;

埋め込み SQL のプリプロセッサは、filename.h というファイルを探し、これを前処理して結果の C 出力にインクルードします。 そうすることで、インクルードされたファイル内の埋め込み SQL 文を正しく処理することができるようになります。

以下の文とは異なることに注意してください。

#include <filename.h>

これでは、ファイルは SQL コマンドによって前処理されません。 もちろん、ユーザは引き続き C #include 指示子を使用して他のヘッダファイルをインクルードすることができます。

Note: インクルードするファイル名には大文字小文字の区別が必要です。しかし、その他の EXEC SQL INCLUDE コマンドについて大文字小文字の区別が必要かどうかは通常の SQL ルールに従います。