他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER TRIGGER

Name

ALTER TRIGGER  --  トリガ定義の変更

Synopsis

ALTER TRIGGER trigger ON table
    RENAME TO newname
  

入力

trigger

変更の対象となる既存のトリガの名前です。

table

このトリガで処理されるテーブルの名前です。

newname

既存のトリガの新しい名前です。

出力

ALTER TRIGGER

トリガの名前が変更された場合に返されるメッセージです。

ERROR

トリガが使用不可能であるか、または新しいトリガ名がテーブルの既存のトリガ名と重複する場合に返されるメッセージです。

説明

ALTER TRIGGER を使用すると、既存のトリガ定義を変更できます。 また、RENAME 句を使用すると、トリガ定義は変更せずに、指定されたテーブルのトリガ名を変更することができます。

トリガのプロパティを変更するには、トリガで処理されるテーブルを所有している必要があります。

注釈

有効な引数の詳細については、CREATE TRIGGER を参照してください。

使用方法

既存のトリガの名前を変更するには、以下のようにします。

ALTER TRIGGER emp_stamp ON emp RENAME TO emp_track_chgs;
   

互換性

SQL92

トリガの名前を変更する句は、SQL92 からの PostgreSQL の拡張です。