他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

ALTER TRIGGER

名前

ALTER TRIGGER -- トリガ定義を変更する

概要

ALTER TRIGGER name ON table_name RENAME TO new_name

説明

ALTER TRIGGERを使用すると、既存のトリガのプロパティを変更できます。 RENAME句を使用すると、トリガ定義を変更せずに、指定されたテーブルのトリガ名を変更することができます。

トリガのプロパティを変更するには、トリガで処理されるテーブルを所有している必要があります。

パラメータ

name

変更の対象となる既存のトリガの名前です。

table_name

このトリガで処理されるテーブルの名前です。

new_name

トリガの新しい名前です。

注釈

トリガを一時的に有効または無効にする機能はALTER TABLEが提供します。 ALTER TRIGGERではありません。 ALTER TRIGGERには、一度にテーブルのトリガを有効または無効にするオプションを表現する、簡便な方法がないからです。

既存のトリガの名前を変更します。

ALTER TRIGGER emp_stamp ON emp RENAME TO emp_track_chgs;

互換性

ALTER TRIGGERは、標準SQLに対するPostgreSQLの拡張です。

関連項目

ALTER TABLE