[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

CREATE CONVERSION

Name

CREATE CONVERSION -- ユーザ定義の変換の定義

Synopsis

CREATE [DEFAULT] CONVERSION conversion_name
    FOR source_encoding TO dest_encoding FROM funcname

説明

CREATE CONVERSION を使用すると、新しいエンコード変換を定義できます。 変換名は、CONVERT() 関数で使用され、特定のエンコード変換を指定します。 また、DEFAULT に指定された変換は、フロントエンドとバックエンドの間での自動的なエンコード変換に使用できます。 このため、エンコード A からエンコード B へ、および B から A へという 2 つの変換を、必ず定義する必要があります。

変換を作成するためには、その関数を実行する権限、および対象となるスキーマを作成する権限を保持している必要があります。

パラメータ

DEFAULT

DEFAULT 句により、この変換が、この特定の変換元から対象へのエンコード変換のデフォルトであることが示されます。 1 つのスキーマ内では、エンコードするぺアについて 1 つのエンコードのみをデフォルトにできます。

conversion_name

変換の名前です。 変換名は、スキーマ修飾されている可能性があります。 スキーマ修飾されていない場合、変換は現在のスキーマで定義されます。 変換名は、スキーマ内で一意である必要があります。

source_encoding

変換元のエンコード名です。

dest_encoding

変換先のエンコード名です。

funcname

この関数は、変換を実行するために使用します。 関数名は、スキーマ修飾されている可能性があります。 スキーマ修飾されていない場合、関数はパスで検索されます。

関数は、下記のような形式で記述する必要があります。

	conv_proc(
	INTEGER,	-- 変換元エンコード ID
	INTEGER,	-- 変換先エンコード ID
	CSTRING,	-- 変換元文字列 (NULL で終わる C 言語文字列)
	CSTRING,	-- 変換先文字列 (NULL で終わる C 言語文字列)
	INTEGER	-- 変換元文字列の長さ
	) returns VOID;
       

注釈

ユーザ定義の変換を削除するには、DROP CONVERSION を使用します。

変換の作成に必要な権限は、今後リリースされるバージョンで変更される可能性があります。

myfunc 関数を使用して、UNICODE から LATIN1 へのエンコード変換を作成するには、以下のようにします。

CREATE CONVERSION myconv FOR 'UNICODE' TO 'LATIN1' FROM myfunc;

互換性

CREATE CONVERSION は、PostgreSQL の拡張です。 SQL99 には、CREATE CONVERSION 文はありません。

関連項目

CREATE FUNCTIONDROP CONVERSIONPostgreSQL プログラマガイド