他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP CONVERSION

Name

DROP CONVERSION -- ユーザ定義変換の削除

Synopsis

DROP CONVERSION conversion_name
    [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP CONVERSION を使用すると、以前に定義した変換を削除できます。

変換を削除可能にするには、その変換を所有している必要があります。

パラメータ

conversion_name

変換の名前です。 変換名は、スキーマ修飾することもできます。

CASCADE
RESTRICT

これらのキーワードを指定しても、変換に対する依存関係がないため、効果はありません。

注釈

ユーザ定義の変換を作成するには、CREATE CONVERSION を使用します。

変換を削除するのに必要な権限は、今後リリースされるバージョンで変更される可能性があります。

myname という名前の変換を削除するには、以下のようにします。

DROP CONVERSION myname;

互換性

DROP CONVERSION は、PostgreSQL の拡張です。 SQL99 には、DROP CONVERSION 文はありません。

関連項目

CREATE CONVERSION