[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP CAST

Name

DROP CAST -- ユーザ定義のキャストの削除

Synopsis

DROP CAST (sourcetype AS targettype)
    [ CASCADE | RESTRICT ]

説明

DROP CAST を使用すると、以前に定義したキャストを削除できます。

キャストを削除可能にするには、変換元または変換先のデータ型を所有している必要があります。 これらは、キャストを作成するのに必要な権限と同じです。

パラメータ

sourcetype

キャストする変換元のデータ型の名前です。

targettype

キャストする変換先のデータ型の名前です。

CASCADE
RESTRICT

これらのキーワードを指定しても、キャストに対する依存関係がないため、効果はありません。

注釈

ユーザ定義のキャストを作成するには、CREATE CAST を使用します。

text 型から int 型へのキャストを削除するには、以下のようにします。

DROP CAST (text AS int4);

互換性

DROP CAST コマンドは、SQL99 に準拠しています。

関連項目

CREATE CAST