他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DEALLOCATE

Name

DEALLOCATE  --  プリペアードクエリの削除

Synopsis

   DEALLOCATE [ PREPARE ] plan_name
  

入力

PREPARE

このキーワードは無視されます。

plan_name

削除するプリペアードクエリの名前です。

出力

DEALLOCATE

プリペアードクエリは正常に削除されました。

説明

DEALLOCATE を使用すると、以前に準備された問い合わせを削除できます。 プリペアードクエリに明示的に DEALLOCATE を指定しなければ、その問い合わせはセッションの終了時に削除されます。

プリペアードクエリについての詳細は、PREPARE を参照してください。

互換性

SQL92

SQL92 にも DEALLOCATE 文はありますが、これは埋め込み SQL クライアントで使用するためだけのものです。