他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP FUNCTION

Name

DROP FUNCTION  --  ユーザ定義の関数の削除

Synopsis

DROP FUNCTION name ( [ type [, ...] ] ) [ CASCADE | RESTRICT ]
  

入力

name

既存の関数の名前です (スキーマ修飾名でも可)。

type

その関数のパラメータのデータ型です。

CASCADE

関数に依存するオブジェクト (演算子またはトリガなど) を自動的に削除します。

RESTRICT

依存しているオブジェクトがある場合、その関数の削除要求を拒否します。これがデフォルトです。

出力

DROP FUNCTION

コマンドが問題なく処理された場合に返されるメッセージです。

WARNING: RemoveFunction: Function "name" ("types") does not exist

このメッセージは、指定した関数が現在のデータベースに存在しない場合に表示されます。

説明

DROP FUNCTION を実行すると、既存の関数の定義を削除することができます。このコマンドを実行するユーザは、その関数の所有者でなければなりません。 異なる引数リストをもった、同じ名前の複数の異なる関数が存在する可能性があるため、関数の入力引数のデータ型を必ず指定しておく必要があります。

注釈

関数の作成についての情報は、CREATE FUNCTION を参照して下さい。

下記のコマンドを実行すると、平方根関数を削除できます。

DROP FUNCTION sqrt(integer);

互換性

DROP FUNCTION 文は SQL99 で定義されています。 その構文形式の 1 つは、PostgreSQL での構文形式によく似ています。

関連項目

CREATE FUNCTION