他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP TABLE

Name

DROP TABLE  --  テーブルの削除

Synopsis

DROP TABLE name [, ...] [ CASCADE | RESTRICT ]

  

入力

name

削除する既存のテーブルの名前です (スキーマ修飾名でも可)。

CASCADE

削除するテーブルに依存しているオブジェクト (ビューなど) を自動的に削除します。

RESTRICT

依存しているオブジェクトがある場合に、このテーブルの削除を拒否します。これがデフォルトです。

出力

DROP TABLE

コマンドが問題なく処理された場合に返されるメッセージです。

ERROR: table "name" does not exist

指定したテーブルがデータベースに存在しない場合に返されるメッセージです。

説明

DROP TABLE はデータベースからテーブルを削除します。テーブルを削除できるのは、その所有者のみです。 DELETE コマンドではテーブルから行を削除することはできますが、テーブルそのものを削除することはできません。

DROP TABLE は削除対象のテーブル内に存在するインデックス、ルール、トリガおよび制約もすべて削除します。 しかし、他のテーブルの外部キー制約によって参照されているテーブルを削除するには CASCADE を指定する必要があります。 (CASCADE は外部キー制約を削除するものであって、その外部キーを持つテーブルそのものを削除するのではありません。)

注釈

テーブルの作成方法および変更方法に関する情報については、それぞれ CREATE TABLEALTER TABLE を参照して下さい。

使用方法

2 つのテーブル、filmsdistributors を削除するには以下のようにします。

DROP TABLE films, distributors;
   

互換性

SQL92