[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP SEQUENCE

Name

DROP SEQUENCE  --  シーケンスの削除

Synopsis

DROP SEQUENCE name [, ...] [ CASCADE | RESTRICT ]

  

入力

name

シーケンスの名前です (スキーマ修飾名でも可)。

CASCADE

このシーケンスに依存しているオブジェクトを自動的に削除します。

RESTRICT

依存オブジェクトがある場合に、このシーケンスの削除を拒否します。これがデフォルトです。

出力

DROP SEQUENCE

シーケンスの削除に成功すると返されるメッセージです。

ERROR: sequence "name" does not exist

このメッセージは、指定したシーケンスが存在しない場合に出されます。

説明

DROP SEQUENCE はシーケンス番号生成機構をデータベースから削除します。 現在のシーケンスは特別なテーブルとして実装されていますので、このコマンドは DROP TABLE 文と同じように動作します。

注釈

DROP SEQUENCE 文は PostgreSQL の言語拡張です。

シーケンスの作成方法に関する情報については CREATE SEQUENCE を参照して下さい。

使用方法

シーケンス serial をデータベースから削除するには以下のようにします。

DROP SEQUENCE serial;
   

互換性

SQL92

SQL92 には DROP SEQUENCE はありません。