他のバージョンの文書10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

RESET

Name

RESET -- 実行時パラメータの値をデフォルト値に戻す

Synopsis

RESET variable
  
RESET ALL
  

入力

variable

実行時パラメータ名。そのリストはSETを参照して下さい。

ALL

設定可能なすべての実行時パラメータをデフォルト値に戻します。

説明

RESET は実行時パラメータをデフォルト値に戻します。詳細は SETを見て下さい。 RESET は下記のように記述することもできます。

SET variable TO DEFAULT
   

デフォルト値は、現行セッション内で SET コマンドが発行されない場合に変数に代入される値として定義されます。 この値の実際のソースは、コンパイル済みのデフォルトにすることができます。 すなわち postmaster の設定ファイルかコマンドラインスイッチの、データベース毎あるいはユーザ毎のデフォルト設定です。詳細は 管理者ガイ ドを参照して下さい。

RESET トランザクションの振る舞いについて詳しくはマニュアルの SET のページを参照してください。

診断

SET コマンドの部分を見て下さい。

DateStyle をデフォルト値に設定します。

RESET DateStyle;

geqo をデフォルト値に設定します。

   
RESET GEQO;

互換性

RESETPostgreSQLの拡張です。