【JPUG主催】PostgreSQLカンファレンス2020【11月13日開催】
他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

3.2. ビュー

Section 2.6 の問い合わせをもういちど参照してください。アプリケーションの主目的が天候の記録と都市の所在場所の 組合せ一覧を得ることですが、必要となるごとに問い合わせを打ち込みたくはないですね。そこで問い合わせにたいしてビューを作成しその問い合わせに名前をつけると通常のテーブルのように参照できます。

CREATE VIEW myview AS
    SELECT city, temp_lo, temp_hi, prcp, date, location
        FROM weather, cities
        WHERE city = name;

SELECT * FROM myview;

ビューを自由に使えるようにするのはよい SQL データベースを設計するうえでの重要な項目です。ビューはテーブル構造の詳細をカプセル化します。 ですから、アプリケーションの改良によってテーブル構造が変わったとしても一貫したインターフェイスを保つことができます。

ビューは実テーブルが使用できるほとんどすべての場所で使えます。ビューにたいするビューを作成するのは一般的ではありません。