[11/15開催: PostgreSQL Conference Japan 2019 参加受付中] 
他のバージョンの文書 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

43.26. pg_shadow

pg_shadow カタログはデータベースユーザの情報を保持しています。パスワード情報を含んでいるのでこのテーブルは一般には公表されないようにとこのような名前が付けられています。pg_user はパスワードフィールドを見えないようにしてある pg_shadow を一般ユーザ向けに公開したビューです。

第17章 にはユーザと権限管理に関するより詳細が記載されています。

ユーザの本人確認はクラスタ全体にわたる情報ですから pg_shadow はクラスタのすべてのデータベースで共有されます。データベースごとではなく、クラスタごとにたった一つだけ pg_shadow があります。

表 43-26. pg_shadow

名前参照先説明
usenamename ユーザ名
usesysidint4 ユーザ ID(このユーザを参照する任意の番号)
usecreatedbbool ユーザのデータベース作成可能性
usesuperbool ユーザはスーパーユーザ
usecatupdbool  ユーザはシステムカタログを更新可能。(スーパーユーザであってもここが真でなければ更新不可。)
passwdtext パスワード
valuntilabstime アカウント有効期限(パスワード認証でのみ使用)
useconfigtext[] ランタイムコンフィギュレーション変数のセッションデフォルト