他のバージョンの文書 12 | 11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

SPI_freetuptable

名前

SPI_freetuptable -- SPI_exec や類似の関数によって生成された行セットを解放します。

概要

void SPI_freetuptable(SPITupleTable * tuptable)

説明

SPI_freetuptableは、以前にSPI_execなどのSPIコマンド実行関数によって作成された行セットを解放します。 そのため、この関数は通常SPI_tupletableグローバル変数を引数として呼び出されます。

この関数は SPIプロシージャが複数のコマンドを実行する必要があり、かつ、初期のコマンドの結果を終まで保持したくない場合に有用です。 解放されない行セットは、SPI_finish 時にすべて解放されることに注意して下さい。

引数

SPITupleTable * tuptable

解放する行セットへのポインタ。