他のバージョンの文書11 | 10 | 9.6 | 9.5 | 9.4 | 9.3 | 9.2 | 9.1 | 9.0 | 8.4 | 8.3 | 8.2 | 8.1 | 8.0 | 7.4 | 7.3 | 7.2

DROP USER

名前

DROP USER -- データベースユーザアカウントの削除

概要

DROP USER name

説明

DROP USERは指定されたユーザを削除します。 そのユーザが所有するテーブル、ビュー、その他のオブジェクトは削除しません。 ユーザがデータベースを所有している場合は、エラーが出されます。

パラメータ

name

削除するユーザ名です。

注釈

PostgreSQLには、このコマンドと同じ機能を持つ(実際は、このコマンドを呼び出しています)dropuserプログラムがあり、コマンドシェルから実行することができます。

データベースを所有するユーザを削除するには、まず、データベースを削除するかその所有者を変更してください。

データベースオブジェクトを所有するユーザやオブジェクトに何らかの権限を持つユーザを削除することは勧めません。 現在データベースの所有者の場合のみ強制されていますが、将来のバージョンのPostgreSQLでは他の場合も検査される予定です。

ユーザアカウントを削除します。

DROP USER jonathan;

互換性

DROP USER文はPostgreSQLの拡張です。 標準SQLでは、ユーザの定義は実装に任されています。

関連項目

ALTER USER, CREATE USER